妊娠中はどんなことに気をつければいい?

           産む場所はどこがいいの?

           赤ちゃんが泣きやまないけどどうしたらいい?

           母乳で育てるコツは?

           離乳食はいつから始めればいい?

           断乳はいつどんなふうに始めればいい?



           などなど妊娠・出産・子育てに不安や悩みはつきもの。

           不安や悩みをもっと気軽に相談できる場所があれば・・・

           そんな想いに応えたくてマタニティー相談を始めました。

           母乳育児をスムーズにしていくためのケアもしています。
           




          【営業時間】 月〜金(9:30〜14:00) 土(16:00〜18:00)
          【場所】 福岡県糸島市瑞梅寺(伊都菜彩より車で10分ほど)
               詳しい場所は予約時にお伝えいたします。
  
          【料金】 予約制 092-323-8671(9:30〜18:00受付)
          
          
           妊婦相談 1500円      育児相談 1500円
           母乳相談 1500円      母乳ケア 3500円
           断乳相談 1500円      断乳ケア 3000円(1回)
           ※断乳ケア希望の方は断乳開始前にスケジュールを
            相談して決めたいので事前の予約をお願いします
           
           沐浴指導 1000円(出張のみ)
           沐浴実施 1500円(出張のみ)

          
         〜相談、ケアの時間は30分程度が目安です〜

           ※初診料1000円
           ※出張料 上記プラス1000円に加え交通費(実費)頂きます
            出張エリアの目安は波多江から30分程度です
           ※体調不良などの理由で沐浴が出来ない方は格安料金で
            サポート致します
           ※詳しくはご相談ください


2017年02月06日

休診のご案内

549.jpg

暖かくなったり、寒くなったり、気温の変動が激しいですね。
庭でオオイヌノフグリが咲いていたり、夜が明けるのが早くなっていたり
確実に春の訪れを感じてワクワクします。
その反面、花粉症の私は、膨らんでいく杉のつぼみを見て憂鬱になることも・・・
花粉の飛散量は今年は昨年の4倍とか。どうなるのでしょうか? 興味半分、怖さ半分。

 2月8・15・22 3月7日 は講座のため午前の診療を
休診させていただきます。突然のお知らせで申し訳ございません。
講座の内容を後日みなさんに還元できればいいなあと思っています☆

 

posted by haru at 23:34| 開業理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

妊婦さんへ 〜母乳育児を実現するために〜

寒いですねー

我が家は昨日、今日と、室内の温度が1℃でした!
そんな中、小学生の二人は暗い中、目覚まし時計の音で自分たちで起きて、
ストーブをつけて、学校へ行く準備をします。
子どもたちの準備が整いそうな段階を見計らって私も朝食の用意をします。
あらかじめ、私が早く起きて部屋を暖めていてあげたい気持ちもありますが、
「自分のことは自分でする」ということを大切にしてほしいと思い「がんばれ〜」
と思いながらぐっと我慢して見守ります。
見守りといえば、子どもたちの登下校の時間に合わせて地域の方々が防犯のため
通学路のポイントに立ってくださる「見守り隊」というのがあります。
寒い冬の朝も冷たい雨の日も見守りをしてくださって本当にありがたいです。
お礼を言うと「ボケ防止やけん!」とか「散歩しよるとよ」とか言ってくださり
あくまでも「自分たちがやりたいからやっている」という姿勢で関わってくださっています。
そんな大人に見守られて育っていく子どもたちはとても幸せだと思います。

さて、話は変わって、今日は妊婦さんへのメッセージを書きたいと思います。

妊娠中、「母乳で育てたい」と漠然と思っている方はけっこう多くいらっしゃると思います。
そして、「きっと母乳で育てることができるだろう」と思っている方も多くいらっしゃることでしょう。

でも現実は、出産後すぐに完全母乳で育てることができる初産婦さんはほとんどいません。
そして、ほとんどの方が「産めば母乳は出るものだと思ってました」とおっしゃいます。

確かに、産んだら母乳は出るはずです。哺乳類ですもの。
ではなぜ、多くのお母さんが母乳育児をできずに悩んでいるのでしょう。

以前の記事にも書きましたが、母乳で育てるにはちょっとしたコツがいくつかあります。
その一つが産院選びです。
その病院が母乳育児に熱心なところかどうかを知ることがとても大切です。

・分娩後30分以内に直母をすることができるか
・日中、夜間を問わず母児同室かどうか
・人工乳の補足を最低限にしているかどうか
・母乳外来があって退院後も断乳(卒乳)まで継続してみてくれるかどうか

上記の点を尋ねてみるとその病院の母乳に対する考えが見えてきやすいと思います。
また母乳育児の大切さを知っている病院は哺乳瓶やミルク缶をおみやげに渡さないので
そこで産んだ人にその点を聞いてみるのもいいかもしれません。

40歳にして初めて妊娠した友人が「年も年だし大学病院で産んだほうがいいかなあ?」と相談を
してきた時、「40歳だからこそ、自分の体の力を最大限に引き出してくれるところを選んだほうが
良いかも」とアドバイスしました。結果、彼女は助産院での出産を選択し、完全母乳で育てています。

確かに大学病院は緊急時の対応が優れていて、母子の生命に危険に直面したとき、速やかに
最善の方法で救命してくれる頼もしい施設です。けれども、はじめからそこに頼るのではなく、
緊急事態にならないように日常の生活からしっかりと整えていくことが、安全なお産、母乳育児に
つなげるために大切なことだと思います。

母乳で育てたい!と思っている妊婦さんは、母乳育児のサポートをしっかりしている病院を
選ぶことをおすすめします。
もし、事情があって母乳育児に対して熱心ではない病院でのお産になってしまったとしても
あきらめずに「母乳で育てたい」という希望を妊婦健診の折に真剣に医師や助産師に伝えることが
大切だと思います。

haruでは母乳で育てるコツを妊婦さんにお伝えしています。
希望の方は「妊婦相談」という形で予約していただきますようお願いします。



posted by haru at 21:08| 母乳について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

2017年もよろしくお願いします!

明けましておめでとうございます。

1月5日より診療を再開しております。
冬休み中に来院された方々は、子ども達のにぎやかな声が聞こえる中での診療だったにもかかわらず
「楽しそうですね☆」とか「元気でいいですね」など温かい心で接して下さってありがとうございました。

明日から小学生たちは新学期スタートです。
日常のリズムに慣れるまで私も少しがんばらねば!

今年ももどうぞよろしくお願いいたします。
みなさまにとって2017年がすてきな年になりますように☆

KIMG0087.JPG
posted by haru at 21:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

2016年を振り返って

昨日で今年最後の診療となりました。
あっという間の一年でした。
今年もたくさんのかわいい赤ちゃんとお母さんと出会うことができて幸せでした。
ある人に「困った患者さんとか来ませんか?」と聞かれたことがあるのですが、
答えは「NO」で、ここに来てくれる方みんな、どの方もとても好感が持てます。

一生懸命子育てに奮闘して試行錯誤したり悩んだりしている姿はいいなあと思います。
自分のことだったらそんなに悩まないかもしれないけれど、我が子のこととなると
深く考えてしまう、何が良いのかわからなくなってしまう。。。でも、わからないなりに
考え抜いてベストを尽くそうとする、そのお手伝いをこちらも全力でさせていただく。
一人ひとりの患者さんに対して、自分の持てる全てを提供する!
そんな思いで毎回、関わらせていただいています。

来年は、どんな親子と会えるかな?
皆さんにとって良い年末年始になりますように☆

KIMG0030.JPG
posted by haru at 01:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

年末年始のお休みのお知らせ

誠に勝手ながら12月29日から1月4日まで冬休みを頂きます。
どうぞよろしくお願いいたします。
posted by haru at 20:33| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする