妊娠中はどんなことに気をつければいい?

           産む場所はどこがいいの?

           赤ちゃんが泣きやまないけどどうしたらいい?

           母乳で育てるコツは?

           離乳食はいつから始めればいい?

           断乳はいつどんなふうに始めればいい?



           などなど妊娠・出産・子育てに不安や悩みはつきもの。

           不安や悩みをもっと気軽に相談できる場所があれば・・・

           そんな想いに応えたくてマタニティー相談を始めました。

           母乳育児をスムーズにしていくためのケアもしています。
           




          【営業時間】 月〜金(9:30〜14:00) 土(16:00〜18:00)
          【場所】 福岡県糸島市瑞梅寺(伊都菜彩より車で10分ほど)
               詳しい場所は予約時にお伝えいたします。
  
          【料金】 予約制 092-323-8671(9:30〜18:00受付)
          
          
           妊婦相談 1500円      育児相談 1500円
           母乳相談 1500円      母乳ケア 3500円
           断乳相談 1500円      断乳ケア 3000円(1回)
           ※断乳ケア希望の方は断乳開始前にスケジュールを
            相談して決めたいので事前の予約をお願いします
           
           沐浴指導 1000円(出張のみ)
           沐浴実施 1500円(出張のみ)

          
         〜相談、ケアの時間は30分程度が目安です〜

           ※初診料1000円
           ※出張料 上記プラス1000円に加え交通費(実費)頂きます
            出張エリアの目安は波多江から30分程度です
           ※体調不良などの理由で沐浴が出来ない方は格安料金で
            サポート致します
           ※詳しくはご相談ください


2017年04月06日

生と性のお話 @みつばちおうちえん

先日、志摩にある「みつばちおうちえん」で〈生と性の話〉の講座をしてきました。
みつばちおうちえんは、ひかりあふれる気持ちのよいところでした。
家庭の延長のようなのどかな雰囲気で、「ここなら子どもたちは安心してすくすく育つだろうなあ」と
思いました。
男の子も女の子も、こどもも大人もみんな真剣にお話を聞いてくれて、うれしかったです。
参加いただいた皆様ありがとうございました。

茜や琵琶で染めた布ナプキンはとてもきれいで、使うのがもったいないほどでした。
自分の使うものを手作りすることはとてもいいですね☆
既製品のように完璧な仕上がりは望めないけれど、
自分好みの愛嬌のあるオンリーワンになることでしょう。

KIMG0186
posted by haru at 23:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

マドレボニータ

先月から4日間、講座に参加するためにお休みをいただきありがとうございました。

何の講座だったかというと・・・
b−epart主催の産後ボディケア【マドレボニータ】の講座に参加してきました。

福岡市で開業していた頃(5年ほど前に)知人に「とてもよかったからチラシを置かせてー」と
頼まれ、その存在を知ったマドレボニータ。

糸島でharuを開業してからも、「糸島で開催されたマドレボニータの講座を受けた」という方が多く
来院されていて「とてもよかった!」と皆さんおっしゃるので、産後、孤独に育児をしている方に
よいのでは?と思っていました。
人に勧めるならまずは自分が体験せねば!と思い参加してみることにしました。

参加した結果・・・
とても良かったです。私も第一子の時に出会えていれば、もっと楽しく子育てできたかも!と思います。
バランスボールを使った有酸素運動もとても気持ち良いのですが、そのあとにあるシェアリング
の時間がさらによく、「みんな同じようなことで悩んでいるんだな」と共感できたり、自分の想いを
吐き出すことで頭の中が整理できて、気持ちが落ち着いたりするのが良いなあと思いました。
参加者は14人くらいで、時間は2時間でしたがあっという間でした。全4回講座で、回を重ねるたびに
参加者の距離もぐっと近くなり、昔から友達だったかのように親近感がわきました。

問題がなければ、産後一か月検診後から参加できるそうですよ。
そして生後210日までの赤ちゃんは同伴で参加できます。
今回2人の赤ちゃんが一緒に参加していたのですが、心がふわっと癒されてしあわせでした。
赤ちゃんのいる空間っていいですよね〜
チラシもいただいていますので、興味のある方は声をかけてください☆



posted by haru at 00:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

2017年もよろしくお願いします!

明けましておめでとうございます。

1月5日より診療を再開しております。
冬休み中に来院された方々は、子ども達のにぎやかな声が聞こえる中での診療だったにもかかわらず
「楽しそうですね☆」とか「元気でいいですね」など温かい心で接して下さってありがとうございました。

明日から小学生たちは新学期スタートです。
日常のリズムに慣れるまで私も少しがんばらねば!

今年ももどうぞよろしくお願いいたします。
みなさまにとって2017年がすてきな年になりますように☆

KIMG0087.JPG
posted by haru at 21:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

2016年を振り返って

昨日で今年最後の診療となりました。
あっという間の一年でした。
今年もたくさんのかわいい赤ちゃんとお母さんと出会うことができて幸せでした。
ある人に「困った患者さんとか来ませんか?」と聞かれたことがあるのですが、
答えは「NO」で、ここに来てくれる方みんな、どの方もとても好感が持てます。

一生懸命子育てに奮闘して試行錯誤したり悩んだりしている姿はいいなあと思います。
自分のことだったらそんなに悩まないかもしれないけれど、我が子のこととなると
深く考えてしまう、何が良いのかわからなくなってしまう。。。でも、わからないなりに
考え抜いてベストを尽くそうとする、そのお手伝いをこちらも全力でさせていただく。
一人ひとりの患者さんに対して、自分の持てる全てを提供する!
そんな思いで毎回、関わらせていただいています。

来年は、どんな親子と会えるかな?
皆さんにとって良い年末年始になりますように☆

KIMG0030.JPG
posted by haru at 01:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

やるせなさ

親になって10年が経ちました。
長男を妊娠したと分かった時、心からうれしかったのを今でも鮮明に覚えています。
長女・次男・次女の時もやはり長男の時と同様にうれしく思いました。
ただ、毎回「こんな世の中に子どもを送り出していいのだろうか?」と悩みました。

特に次男の時はこの時代に産むことに申し訳ない気持ちと不安な気持ちでいっぱいでした。

次男は2011年4月に生まれました。臨月に入り赤ちゃんの肌着や洋服や布おむつを
準備しているときに、福島の原発事故が起こりました。
「とんでもないことになってしまった」と、それまで原発について無関心だった自分を猛省しました。
「知らない」「関係ない」ではすまされないこと。

そして今日、沖縄の高江の「標的の村」https://www.youtube.com/watch?v=raJ8vTr8r4cというyou tubeを見てまた反省しました。
自分に降りかかってこないと深刻に受け止めれない想像力のなさに情けなくなります。

この時代にこの日本で生きていくということ。

人に迷惑かけずに生きていきたいと思いながらも、迷惑どころか
苦しめているかもしれないということ。

現状はテレビや新聞では決してわからない。

現実から目をそらすように、見えないように、気づかないように
テレビや新聞を使って巧みに情報操作されて、幸せに生きていくために
関係のないことばかり必要だと思わされている私たち。

「日本は恵まれている」本当にそうかな?

紛争・飢餓・環境破壊・・・
世界中でも信じられないようなことが現実に起こっていて
それが実は自分と無関係ではないかもしれないこと。
今ある幸せはどこかの知らない人の苦しみの上に成り立っている幸せかもしれないということ。

自分たちの便利で快適な生活と引き換えにどこかの美しい自然が破壊されたり、
小さな子どもたちが飢えて死んでいるなんて、考えたくないし、認めたくない。

本当のことを知ってしまうと生きていくのが苦しくなります。

でも、隠されている現実を知る努力をし、想像力をはたらかせて生きることが
とても大切なことなんだと思います。
世界は繋がっいて、「関係ない」ことなんてないのだから。

生きていくために必要なもの・・・
水・空気・大地の恵み・愛 
本当はぐっとシンプルなもの。









posted by haru at 01:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする