妊娠中はどんなことに気をつければいい?

           産む場所はどこがいいの?

           赤ちゃんが泣きやまないけどどうしたらいい?

           母乳で育てるコツは?

           離乳食はいつから始めればいい?

           断乳はいつどんなふうに始めればいい?



           などなど妊娠・出産・子育てに不安や悩みはつきもの。

           不安や悩みをもっと気軽に相談できる場所があれば・・・

           そんな想いに応えたくてマタニティー相談を始めました。

           母乳育児をスムーズにしていくためのケアもしています。
           




          【営業時間】 月〜金(9:30〜14:00) 土(16:00〜18:00)
          【場所】 福岡県糸島市瑞梅寺(伊都菜彩より車で10分ほど)
               詳しい場所は予約時にお伝えいたします。
  
          【料金】 予約制 092-323-8671(9:30〜18:00受付)
          
          
           妊婦相談 1500円      育児相談 1500円
           母乳相談 1500円      母乳ケア 3500円
           断乳相談 1500円      断乳ケア 3000円(1回)
           ※断乳ケア希望の方は断乳開始前にスケジュールを
            相談して決めたいので事前の予約をお願いします
           
           沐浴指導 1000円(出張のみ)
           沐浴実施 1500円(出張のみ)

          
         〜相談、ケアの時間は30分程度が目安です〜

           ※初診料1000円
           ※出張料 上記プラス1000円に加え交通費(実費)頂きます
            出張エリアの目安は波多江から30分程度です
           ※体調不良などの理由で沐浴が出来ない方は格安料金で
            サポート致します
           ※詳しくはご相談ください


2015年01月28日

囲炉裏パーティー

CIMG5904.jpg  CIMG5920.jpg

温泉宿に泊まりに行ってきましたー。というのはウソで、この写真は我が家で撮影したものです。
前に住んでいた方が「古民家にはコレでしょ!」と、わざわざ大工さんに作ってもらった立派な
囲炉裏があるので、「今年の冬はぜひ使ってみたいね!」と言っていたのですが、この前やっと
念願の“囲炉裏パーティー”を開催しましたー(パチパチパチ)
感想はというと、囲炉裏、とってもいいですね〜。
昔の人々は料理はもちろん、暖をとったり、照明の代わりに使っていたそうですが、なるほど!
炭火だけで充分暖かく、炎がとてもきれいでかなり癒されました。鍋料理に加え、サザエとイカを
網で焼いたりしておいしかったなあ。今度は熱燗をつくってみよう!と今からわくわくしています。
この家のおかげで、キャンプしたい&旅館に泊まりたい欲求がかなり満たされるようになりました(笑)
あとは露天風呂だな。。。


posted by haru at 00:47| 新生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

家庭菜園 〜なつ〜

CIMG4718.JPG CIMG4692.JPG CIMG4697.JPG

   CIMG4735.JPG CIMG4704.JPG

義父に教わりながら始めた家庭菜園。
少しずつ色々な野菜が収穫できるようになってきました。

子どもたちは毎日畑を見に行って、食べごろの野菜があると教えてくれます。
トマトやきゅうりは洗って(時に洗わないで)すぐ口にいれてます。
今夜は庭のバジルでスパゲッティ―を作りました。

自給自足には程遠いけど、家庭菜園とっても楽しいです!
家の野菜もそこそことれるし、近所のかたやお友達が自分たちが作った野菜を
届けてくれるので、新鮮野菜を食べる幸せを感じています。




posted by haru at 04:41| 新生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

フクロウ

CIMG4395.JPG

ある日の昼下がり、我が家のお風呂場のすぐ横の大きな木に、なにか見慣れない生き物が・・・

産毛がふわふわ、目がくりくりのかわいいフクロウが、手を伸ばせば届きそうなところに
佇んでいるのでした。

フクロウは2時間ほどずーっと動かずそこにいて、私たちと目が合っても
怖がりもせず、じーっと見つめ返してきて、とても愛らしかったです。

「森の神様みたいねー」「かわいいね、きれいだね、すごいね!」なんて話しながら
とっても貴重な時間を過ごしていた娘と私。
小学校に行っている息子にも早く見せたいな、早く帰ってこないかなと息子の帰りを待ちわびていたのですが、息子は帰ってくるなり「お母さん、虫あみどこ?つかまてくる!」と捕獲する気満々。
「え?ちょっと待って!ダメよ!そのままにしてて!絶対だめよー」とそれはそれは必死に止めました。

息子の帰宅でさっきまでの神聖な時間が一瞬で壊れてしまいました(笑)

フクロウさん、これからいろいろな敵が現れるかもしれないけれど、無事に大きくなって、
またいつか会いに来てね☆
posted by haru at 07:54| 新生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

新しい生活

新緑が美しい季節になりました。
私は一年のうちで5月が一番好きです。
毎年この時期は、新緑が見たくて自然が豊かな場所にドライブに行くことが多かったのですが、
今年は家の中から木々が眺められるようになり、遠くに行かなくても自然を満喫できるように
なりました。濃淡様々な緑色の新芽が風に揺れ、お日様の光でキラキラ輝く様子はとても美しく、
少しでもその空気を吸おうと深く、深く呼吸をしたくなります。
我が家には樹齢200年ともいわれている椎の木をはじめ、たくさんの大木があります。
「トトロ」にでてくるような庭で、とってもおもしろいんです!そんな場所だから、生きものもいっぱい。
トンボ、テントウムシ、カミキリムシ、さまざまな蝶、カニ、カエル、トカゲ・・・
虫嫌いな人にはちょっとつらい場所ですが、虫が大好きなうちの子にはかなり楽しい場所のようです。
動物もちらほら。たぬき、うさぎ、へび・・・
鳥もたくさん。うぐいす、ふくろう、キツツキ、ヤマバト・・・
フクロウが夜に「ホーホー」と鳴くことを初めて知りました。「絵本のとおりだあ!」と感動しました。

子どもが生まれてからずーっと探し求めた生活がここにはあって、今とっても充実しています。
畑しごともお義父さんに教えてもらいながら少しずつはじめました。生まれてはじめての農耕体験。
土に触れるのはとっても気持ちがいいです。でも、小さい子がいるのでなかなか思い通りにはいきません。
間引き作業をしていると末っ子(1歳2か月)が手伝う気満々で元気な苗に手を伸ばしていたり。
ホースで水やりをしていたらニヤニヤしながら水しぶきがかかる場所にやって来たり。
次男(3歳)は畑を耕していたら、真似してスコップで不必要に大きな穴を掘るし。
何でもマネしたがる1歳児、なんでも自分でやりたい3歳児との生活は「きゃーやめてー、それダメー、
やめてー」の連続です。唯一、二人が寝た後の長女(4歳)との時間がスムーズに事が進むとっても
貴重な時間です。

診療のほうは、移転手続きが完了し、GW明けから再開しています。
今までは自宅と仕事場を分けていましたが、今度は家の一部分を利用して行うので、ONとOFF
(仕事と家庭)の切り替えがなかなか大変です。片付けたはずのおもちゃが散らばっていたり、
私より先にお客さんを出迎えに行ってしまったり・・・。皆様には迷惑をおかけすることも
あるかもしれません。この場をお借りして、前もってお詫びします。
ただ、良い点もあって、うちは小さい子供が多いので、子ども同士の社交の場として利用して
いただけるというポイントもあります(笑) 
これは前の場所ではできなかった、ここならではの特典です。

土曜日に受診した方は、家族全員(お父さん、お姉ちゃん、お兄ちゃん)で来院されて、
すぐ横の小川で遊んだり、うちの子の案内で神社に行ったりしていました。
遊びに来た友人が「ここはパワースポットだね」と真面目な顔で言っていたのですが、
まんざらでもない気がします。
お時間がある方はぜひ、ゆっくりしていってくださいね☆

CIMG4294.JPG CIMG4185.JPG CIMG4253.JPG CIMG4279.JPG CIMG4226.JPG CIMG4269.JPG
どの窓からもキラキラ輝く緑がいっぱい!




posted by haru at 23:11| 新生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

長男の初登校

4月から新しい小学校に通い始めた長男(新2年生)。

前の学校は家から15分くらいの距離だったけど
今回は片道1時間ちょっと。しかも、その半分はひとりきり。

新学期初日。長男と一緒に学校まで歩きました。
入学式のときのように、新鮮で、ちょっぴり緊張する朝でした。
長男が一人で通えるように、一緒に目印を確認しながら歩きました。

そして二日目。はじめて一人で学校から帰ってくる日。
念のため、学校からの手書きの地図と連絡先を書いた紙を持たせました。
帰宅予定時間の20分前ごろ。家で大丈夫かな?迷ってないかな?と心配しながら
待っていると、電話が鳴りました。「佐川急便の○○ですが、今、○○の前で息子さんが
道に迷ったといって泣いているのですが、どうしましょう?乗せていきましょうか?」と。
数分後、トラックの助手席に乗って息子が帰ってきました。頬には涙の跡が。。。
片手には私が持たせた地図と連絡先の紙が握りしめられていました。
まだ7歳になったばかりの彼には、不安と緊張でいっぱいの大冒険だったにちがいありません。
 
「学校は楽しかった。給食もすごくおいしかったけど、明日休みたい、ドキドキする。」と言って
寝るまでずっと順路を気にしていて、気の毒でしたが、「初めてのことはドキドキするよね。
みんなそうだよ。でも、これを乗り越えたらきっと自信がつくよ!大丈夫明日はできるよ!」
と励まし眠りにつきました。

三日目。朝、集団登校の場所までもう一度目印を確認しながら一緒に歩きました。
帰りは一人です。帰宅予定時刻を15分過ぎたころ、心配になり、自転車で迎えに行くと、
家のすぐ近くで、長男が前方から歩いてくる姿が見えました。
お互い目が合うと、にんまり。そのあと私は胸がキュンとなって、涙がこみ上げてきました。
「すごいね!かっこいいね!よくがんばったね!」と頭をくしゃくしゃになでると
長男は照れながら「一人で帰ってこれたよ。」と一言。
とってもうれしかったなあ。

大きな一歩を踏み出した長男。外で見るとまだまだ小さい彼だけど、心も体も立派に
成長していることがとってもうれしいです。

CIMG3985.JPG

posted by haru at 04:48| 新生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする