妊娠中はどんなことに気をつければいい?

           産む場所はどこがいいの?

           赤ちゃんが泣きやまないけどどうしたらいい?

           母乳で育てるコツは?

           離乳食はいつから始めればいい?

           断乳はいつどんなふうに始めればいい?



           などなど妊娠・出産・子育てに不安や悩みはつきもの。

           不安や悩みをもっと気軽に相談できる場所があれば・・・

           そんな想いに応えたくてマタニティー相談を始めました。

           母乳育児をスムーズにしていくためのケアもしています。
           




          【営業時間】 月〜金(9:30〜14:00) 土(16:00〜18:00)
          【場所】 福岡県糸島市瑞梅寺(伊都菜彩より車で10分ほど)
               詳しい場所は予約時にお伝えいたします。
  
          【料金】 予約制 092-323-8671(9:30〜18:00受付)
          
          
           妊婦相談 1500円      育児相談 1500円
           母乳相談 1500円      母乳ケア 3500円
           断乳相談 1500円      断乳ケア 3000円(1回)
           ※断乳ケア希望の方は断乳開始前にスケジュールを
            相談して決めたいので事前の予約をお願いします
           
           沐浴指導 1000円(出張のみ)
           沐浴実施 1500円(出張のみ)

          
         〜相談、ケアの時間は30分程度が目安です〜

           ※初診料1000円
           ※出張料 上記プラス1000円に加え交通費(実費)頂きます
            出張エリアの目安は波多江から30分程度です
           ※体調不良などの理由で沐浴が出来ない方は格安料金で
            サポート致します
           ※詳しくはご相談ください


2015年04月06日

バリ旅行

春休みをいただいて、家族でインドネシアのバリへ行ってきました。
今回は主人の両親、私の母も一緒でした。父が愛犬SORAのお世話役として
留守番をしてくれたので、安心して旅を楽しむことが出来ました。
子ども達もおじいいちゃん、おばあちゃんと一緒なのでとても楽しそうでした。
次はどのメンバーでどこへ旅行にいけるかな?今から楽しみです☆

CIMG6099.JPG CIMG6344.JPG CIMG6384.JPG

CIMG6094.JPG  CIMG6822.JPG

CIMG6584.JPG  CIMG6429.JPG

4月1日から診療を再開しています。
旅のゆったりペースから日本のペースにリセットして、皆様のお役にたてるよう励みたいと思います!
どうぞよろしくお願いいたします。


posted by haru at 17:55| 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

HAPPY VACATION!

今日はタイ旅行の続きを書きたいと思います。

フライト時間は上海経由でトータル5時間くらいのだったのですが、次女をはじめ
子どもたちはぐずることなくバンコクに到着しました。

バンコクでは以前、関東に住んでいたときに仲良くしていたアメリカ人の友人と久しぶりに再会、
彼の新居に2泊させてもらいました。地上29階の高層マンションの26階の彼の家から見る
夜景はとってもきれいで、今まで知らなかったバンコクの顔を見ることができました。

CIMG1443 - コピー.JPG

彼の息子さん(小1)とうちの子たちは鬼ごっこをしたり、サッカーゲームをしたりと、
とても仲よく遊んでいて、言葉の壁を軽々と超える子どもってすごいなあと思いました。

CIMG1322.JPG

奥さんは妊娠5か月だったのですが、私たちのためにおいしいタイ料理を作ってくれたり、
子どもたちをショッピングに連れて行ってくれたり、フルーツパーティーしてくれたり(子ども
たちは大喜び)、とても親切にしてくれました。

CIMG1490.JPG

3日しかいなかったけれど、我が家の子供たちは友人一家が大好きになっていて、
帰国してからも「優しかったね〜、楽しかったね〜」と、彼らの話をよくしています。

パンガン島へは夜行バスとフェリーを乗り継いでいきました。
約12時間のバス移動。4席を6人でシェアする状態だったので、心地よい体勢がなかなか
とれずにもがく長女、その足があたってしまい泣きだす次男。(こちらは主人の担当)
自分でよいポジションをとりスムーズにねてくれる長男、その横でエアコンの利きが悪く
暑さで眠れずぐずる次女。(こちらは私の担当)
到着地にたどり着いたときは、体がカチコチ。
まあまあ大変だけど、みんなでがんばるこの感じがけっこう好きです。

フェリーでは、なぜか「ランボー」が上映されていて、子どもたちは眠たいのに
刺激が強すぎて眠れず苦しそうでした。 楽園に向かっているのに戦争映画って… 

パンガン島には遠浅で白い砂浜のビーチがいくつかあり、今年は去年とは違うビーチに
行ってみることにしました。港で四駆のタクシーをチャーターして、いざ出発!
風を切って走る爽快感がたまりません。旅が始まる期待感!わくわく☆わくわく☆

CIMG1531.JPG

今回の滞在はサラドビーチ。

CIMG1963.JPG

ここは欧米の家族連れに人気のビーチらしく、赤ちゃん連れをよく見かけました。
宿泊に関しては、我が家の専属ツアーコンダクター(主人)の情報収集のおかげで、
目星をつけていた宿がとてもよかったので、即決することができました。
キングサイズベットが二つに冷蔵庫、ファン(扇風機)バスタブ、テラス(ハンモック)
があって部屋の前にはブランコがある中庭もあり居心地の良いところでした。
スタッフもフレンドリーだし、レストランの味が最高。
今までの経験でスパゲティーは当たり外れが大きいメニューのひとつなのですが、
ここはボロネーゼが本当に美味しくて驚きでした。どれも美味で、毎回、「あなたは
料理が上手ですね、おいしかったです、ありがとう」と伝えずにはいられないほど。

海は遠浅で、干潮時はプールで砂の島が出現し、赤ちゃん連れのたまり場となっていました。
大人1人で3人の子どもをケアする状況だったので、こういう環境はとても助かります。

CIMG2181.JPG

朝起きて→ 人の少ないビーチを散歩→ 朝食→ 海へ→ 海沿いのレストランでシェイクやビールを
飲みながら昼食→下の子3人は昼寝、長男だけ連れてやや深め(といっても大人の胸くらいの深さ)の
海へ→再びみんなで海へ→夕食→就寝 というのが、島での一日の流れでした。

CIMG2214.JPG   CIMG1815.JPG 

島に滞在中、子どもたちは、おやつや果物をいろんな人にいただいていました。
アジアの旅行者は珍しいのでいろんな場所でよく話しかけられました。おかげで子どもたちは英語と
タイ語のあいさつが上手になりました。日本に帰ってからも、次男はお礼を言う時「コップンカー、
サンキュー」と言っていました(笑)

日本での多忙な日々がうそのように、頭の中を空っぽにして、ほんとにのんびり、ゆっくりすること
ができました。そこにいると、すべてのことがうまくいくような、良い方向に向かうようなそんな
気持ちになって、世の中の暗いニュースをなかったことにできそうな、そんな錯覚に陥ります。
旅のおかげで見えてくるものがあります。見えてきたものを大切に心に留めて日本で生活して
いきたいと思いました。

CIMG2262.JPG

旅行中、事故や病気に見舞われることなく旅行できたことに感謝です。

CIMG1858.JPG

旅の写真はこちらこちらでも。
去年の旅の様子はこちらで。


posted by haru at 04:07| 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

タイへ

今年の夏休みもタイのパンガン島へ行ってきました〜。

CIMG1413.JPG

去年の旅では道を歩いていると、「1・2・3… わぉっ!3人?全部あなたの子?」と
何度も驚かれたのですが、その時おなかの中にいた次女が誕生し、人数upしている今回は
さらに、「ワン・ツー・スリー・フォー… フォーお? わぉ!」と通りすがりの人やお店の人たちに
何度も何度も驚かれる場面がありました。オーバーじゃなく一日に10回はあったなあ。
そして、抱っこされている次女はもちろん、とことこ歩いてついてきている次男にも優しい
眼差しが向けられるのでした。

CIMG1836.JPG

子連れ旅は毎回、修業のようなものですが、今回も。。。
はい、しっかり修業を積んできました(笑)
今年は次男が勝敗のカギをにぎっていたのですが、いやー、思った以上に戦力にならず、
大いに困らせられました。  とほほ。。。
日本にいる時以上に「だっこー、」の連発で、しかも次女をおんぶしているとさらに機嫌が
悪くなり、「○○ちゃんだっこせんでー」といって泣きじゃくる始末。レストランのスタッフから、
「彼はいつ見ても泣いているね、赤ちゃんはいつも笑顔だね」と言われるくらい。
次女はいつでもだれにでもとびきりの笑顔を振りまいていました。女は愛嬌!
そこで、旅も中盤にさしかかった時に、夫婦会議。
基本的に授乳以外は次女を主人に任せ、私は次男専任となることに。
すると、泣く回数がぐっと減りいつもの陽気なニコニコ次男が戻ってきました。
旅では小さい子連れの欧米人の家族を見かけたのですが、次男くらいの子はお父さんにおんぶ
されているのがほとんどで、たまに長女(3〜4歳)くらいの子でもおんぶされていることがあり
驚きました。(欧米の人はおんぶはお父さんがしていることが多い気がします)
それを見ると、うちの子たちよくがんばってるなあと、こどもたちへ申し訳ない気持ちと
感謝の気持ちが同時にわいてくるのでした。

旅の詳しい様子はまた次回にupしますね。

 CIMG1664.JPG

posted by haru at 13:22| 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

タイ旅行

明日から新学期、今年も楽しい夏休みでした。
毎年のことながら親も子供も真っ黒に日焼けしています。
いろいろ楽しい思い出いっぱいだけど一番はやっぱりタイ旅行!
往復の航空券のみ手配して後は宿も交通手段もすべて現地に行って決める、という
いつものスタイルで16日間の旅程でした。昨年のマレーシア旅行がハプニングの連続
だったので、3人の子連れ旅(しかもひとりはよちよち歩き)、大変なのを覚悟していた
のですが思いのほかそうでもなくて拍子抜けしました。機内や夜行バスではよく眠って
くれ、街歩きもしっかりついてきてくれました。

何度も旅したことのあるタイですが、前回来た時には私たちはまだ結婚してなくて、
子どももおらず、自由気ままな2人旅だったのが… 7年の間に3人の子どもに恵まれ、
今回は家族5人、大人数での旅となりました。自分が3人のお母さんになっているなんて…
月日の流れを感じずにはいられませんでした。今の幸せを与えてくれた神様ありがとう!
と何度も思いました。

旅行の大部分の日程を南の島で過ごしました。
やっぱり子連れ旅はビーチでのんびりするのが一番!好きな時に海に行ける手軽さが
海辺のバンガローのいいところ。起きて散歩して朝食→海→昼食→海→お昼寝→夕食→就寝
というのが島での過ごし方でした。
海はシーズンオフだったにもかかわらずとてもきれいでした。遠浅なので小さい子供も安心
して遊べました。次男(1歳3か月)は胎内での感覚がまだ残っているのか、水の中でとても
リラックスしていて、まるで羊水のなかでプカプカ浮遊している胎児のようでした。
海がとても好きみたいで、体が冷えるのを避けるために砂浜に上げようとするのを嫌がって、
再びプカー(笑)その時の満たされた顔といったら!「ニヤー」と普段はあまり見ない表情で
なんだか別人のようでした。砂浜でも長時間砂遊びに熱中していて、試しにみんなで少し
距離の離れたところに隠れて観察していたのですが、一人になったことを知っても平然と
遊んでいて驚きました。大物の予感!?

タイ料理は辛いものも多いのですが、ツーリストの多いところでは、好みの辛さを聞いて
くれたり、西洋料理もメニューにある店がほとんどなので子ども達が食べられなくて困る
ことはありませんでした。親は辛いものも食べたいので大人用にスパイシーなものも注文
しました。あまりの辛さに涙が出たり、せき込んだりした時には子ども達は大笑い。
いやー笑えない辛さでした。でも病み付きになる味!次男も日本ではご飯にお味噌汁、煮物
などしか食べたことがなかったのですが、現地ではフライドライスやヌードルスープ(米麺
も豊富!)など初めて食べるものばかりなのにおいしそうに夢中で食べていました。そうそう、
彼が大人の食べているもの(唐辛子いっぱいの)に手を出してしまいその手で目をこすり号泣
する場面もありました。そりゃー痛いよ〜。
子ども達に断然人気だったのがパンケーキでした。さすが南国、フルーツが豊富。
マンゴー、パパイヤ、マンゴスチン、ライチ、ラムヤイ、バナナ、パイナップル、スイカ…
当然、フルーツシェイクもおいしくて毎日飲んでいました。
農薬の心配もないので思い切りフルーツを堪能できました。

タイといえばマッサージも有名で、ビーチに何軒か簡易のスペースが設けてあり、
タイマッサージ、オイルマッサージ、アロエマッサージなどを気軽に受けることができます。
しかも1時間600円〜と安いのが魅力です。私たちも交代で子どもを見ながら利用しました。
オイルマッサージはプルメリアの香りに包まれとてもいい気持ちでした。
アロエマッサージはすぐ裏手にあるアロエ畑から収穫したばかりのアロエの皮を剥き、
すりおろしたものをふんだんに塗る!という豪快なものでした。
次男は髪の毛が薄いので、日焼けを心配してくれたスタッフのおばさんが「頭のクールダウン
にいいわよ!」とそのアロエを次男の頭に“塗りたくって”くれました。気持ち良かったのか
嫌がりもせずされるがままの次男、ただその日は夜行バスでの移動の日でシャワーを浴びれ
ない状況だったので、こびりついたアロエをとるのが結構大変でした。。。(笑)

印象的だったのが満天の星空。天の川もくっきり見えて「こんなにも夜空には星があったんだ」
と驚きました。海辺のレストランで夕陽を見ながら食事をしたあと、星空を見ながらみんなで
手をつないで波打ち際を散歩するのはとても素敵な時間でした。

旅の間、全員が体調を崩すことなく元気いっぱい楽しく過ごせたのでほんとによかったです。
主人のブログにも旅の様子をアップしていますので興味のある方はこちらへどうぞ。

CIMG2062.jpgCIMG2677.jpgCIMG2312 (2).jpgCIMG2296.jpgCIMG2086.jpgCIMG2378.jpgCIMG2826.jpgCIMG2789 (2).jpgCIMG2809.jpgCIMG2666.jpg
posted by haru at 00:19| 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークはお休みを頂きありがとうございました。
おかげさまで楽しい休日を過ごすことができました。
昨日より通常通り診療を再開しています。どうぞよろしくお願いします。

今回は家族で6泊7日のキャンプ旅行に行ってきました。
雨の日も多かったGWですが、水たまりに雨のしずくが落ちる様子や
草むらの中を元気に飛び跳ねるカエルやしっとりと雨に濡れる新緑を
じっくりと眺めることができたので、それはそれでよかったです。
日常よりもゆるやかな時の流れに身をまかせた、静かで穏やかな休日でした。

CIMG1427.jpgCIMG1290.jpgCIMG1435.jpgCIMG1222.jpg

CIMG1388.jpgCIMG1321.jpgCIMG1258.jpg

CIMG1484.jpgCIMG1411.jpgCIMG1398.jpgCIMG1377.jpg

CIMG1523.jpgCIMG1518.jpgCIMG1512.jpgCIMG1452.jpg



posted by haru at 22:46| 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする