妊娠中はどんなことに気をつければいい?

           産む場所はどこがいいの?

           赤ちゃんが泣きやまないけどどうしたらいい?

           母乳で育てるコツは?

           離乳食はいつから始めればいい?

           断乳はいつどんなふうに始めればいい?



           などなど妊娠・出産・子育てに不安や悩みはつきもの。

           不安や悩みをもっと気軽に相談できる場所があれば・・・

           そんな想いに応えたくてマタニティー相談を始めました。

           母乳育児をスムーズにしていくためのケアもしています。
           




          【営業時間】 月〜金(9:30〜14:00) 土(16:00〜18:00)
          【場所】 福岡県糸島市瑞梅寺(伊都菜彩より車で10分ほど)
               詳しい場所は予約時にお伝えいたします。
  
          【料金】 予約制 092-323-8671(9:30〜18:00受付)
          
          
           妊婦相談 1500円      育児相談 1500円
           母乳相談 1500円      母乳ケア 3500円
           断乳相談 1500円      断乳ケア 3000円(1回)
           ※断乳ケア希望の方は断乳開始前にスケジュールを
            相談して決めたいので事前の予約をお願いします
           
           沐浴指導 1000円(出張のみ)
           沐浴実施 1500円(出張のみ)

          
         〜相談、ケアの時間は30分程度が目安です〜

           ※初診料1000円
           ※出張料 上記プラス1000円に加え交通費(実費)頂きます
            出張エリアの目安は波多江から30分程度です
           ※体調不良などの理由で沐浴が出来ない方は格安料金で
            サポート致します
           ※詳しくはご相談ください


2019年12月03日

あなたは子どもに何を遺せますか?

すごーく久しぶりのブログになります。

最近はお知らせ記事ばかり。。。


今日は、先週の土曜日に行った講演会のお話しをしたいと思います。


その日、たまたま近所のスーパーへ買い物へ行ったのですが、
入り口に貼ってあった講演会のポスターに目が留まりました。

講師:安武 信吾 「はなちゃんのみそ汁」著者 
テーマ:「食べることは生きること」
    「あなたは子どもに何を遺せますか」
    「がんを知り、いのちを考える」

 “一人娘のはなは毎朝、みそ汁をつくる。5歳の誕生日から続く日課だ。
「食べることは生きること。一人でも生きられる力を身につけてね」と
33歳で亡くなった妻、千恵と約束を交わしたからだ。
妻は20代で乳がんを患い、結婚、出産を経て、がんが肺に転移した。
そんな過酷な運命の中で、なぜ、妻が幼い娘にみそ汁づくりを教えたのか。
生前、彼女が綴ったブログ「早寝早起き玄米生活」を紹介しながら、
余命を覚悟した妻が娘に伝えたかったこと、一人娘と日々、悪銭苦闘を続ける
おやじの姿もご紹介します”


講演時間、場所を確認するとすぐ近くで1時間後から始まることがわかりました。
ちょうど子どもたちは出かけていて、このタイミングは「導かれている」と感じ、
急きょ講演会を聞きに行くことにしました。

講師の安武さんはとても柔らかい話し方をされる方でした。
苦しみを経験したひとから紡ぎだされる言葉たちは私の心にすーっと染みわたり、
1時間30分の講演の間、ハンカチがずーっと手放せませんでした。

がん治療のため、子どもはできないだろうといわれていた夫婦のもとに宿った奇跡の命。
余命を縮める可能性や自分が先に逝ってしまう可能性が高い状況で産むことを決意した千恵さん。

「娘の卒園式まで、娘の卒業式まで、娘の成人式まで、娘の結婚式まで、娘の出産まで・・・」
わが子の成長を見届けたいと強く願う母の気持ち。
自分が逝ったあと、一人でもはなちゃんが生きていけるように家事全般を教え込む母の真剣さ。

最愛のひとをなくした悲しみに打ちひしがれる信吾さん。
それでも生きていかないといけない苦しさ。

愛するということ、信じるということ、待つということ、育てるということ・・・
沢山のことを考えさせられる講演会でした。

親として、子どもに何を遺せるか・・・

じつは、今5人目の命が私のおなかに宿っています。
2月中旬が出産予定です。

末っ子の出産から7年の月日が流れました。

長男を妊娠したとき、身の引き締まる思いがしたこと。
生まれてきた長男を見て、私のすべてをかけて全力で守る!
この子に恥じない大人になろう!と強く思った日のことを
信吾さんのお話し中に鮮明に思い出しました。

新しく来てくれた命にも、真剣に誠実に向き合いたい!

しっかり地に足をつけて日々を大切に生きて行こう!と改めて心に刻んだ一日でした。

IMG_20191008_174429_resized_20191203_122923915 (2).jpg
posted by haru at 12:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする