妊娠中はどんなことに気をつければいい?

           産む場所はどこがいいの?

           赤ちゃんが泣きやまないけどどうしたらいい?

           母乳で育てるコツは?

           離乳食はいつから始めればいい?

           断乳はいつどんなふうに始めればいい?



           などなど妊娠・出産・子育てに不安や悩みはつきもの。

           不安や悩みをもっと気軽に相談できる場所があれば・・・

           そんな想いに応えたくてマタニティー相談を始めました。

           母乳育児をスムーズにしていくためのケアもしています。
           




          【営業時間】 月〜金(9:30〜14:00) 土(16:00〜18:00)
          【場所】 福岡県糸島市瑞梅寺(伊都菜彩より車で10分ほど)
               詳しい場所は予約時にお伝えいたします。
  
          【料金】 予約制 092-323-8671(9:30〜18:00受付)
          
          
           妊婦相談 1500円      育児相談 1500円
           母乳相談 1500円      母乳ケア 3500円
           断乳相談 1500円      断乳ケア 3000円(1回)
           ※断乳ケア希望の方は断乳開始前にスケジュールを
            相談して決めたいので事前の予約をお願いします
           
           沐浴指導 1000円(出張のみ)
           沐浴実施 1500円(出張のみ)

          
         〜相談、ケアの時間は30分程度が目安です〜

           ※初診料1000円
           ※出張料 上記プラス1000円に加え交通費(実費)頂きます
            出張エリアの目安は波多江から30分程度です
           ※体調不良などの理由で沐浴が出来ない方は格安料金で
            サポート致します
           ※詳しくはご相談ください


2013年08月21日

タイへ

今年の夏休みもタイのパンガン島へ行ってきました〜。

CIMG1413.JPG

去年の旅では道を歩いていると、「1・2・3… わぉっ!3人?全部あなたの子?」と
何度も驚かれたのですが、その時おなかの中にいた次女が誕生し、人数upしている今回は
さらに、「ワン・ツー・スリー・フォー… フォーお? わぉ!」と通りすがりの人やお店の人たちに
何度も何度も驚かれる場面がありました。オーバーじゃなく一日に10回はあったなあ。
そして、抱っこされている次女はもちろん、とことこ歩いてついてきている次男にも優しい
眼差しが向けられるのでした。

CIMG1836.JPG

子連れ旅は毎回、修業のようなものですが、今回も。。。
はい、しっかり修業を積んできました(笑)
今年は次男が勝敗のカギをにぎっていたのですが、いやー、思った以上に戦力にならず、
大いに困らせられました。  とほほ。。。
日本にいる時以上に「だっこー、」の連発で、しかも次女をおんぶしているとさらに機嫌が
悪くなり、「○○ちゃんだっこせんでー」といって泣きじゃくる始末。レストランのスタッフから、
「彼はいつ見ても泣いているね、赤ちゃんはいつも笑顔だね」と言われるくらい。
次女はいつでもだれにでもとびきりの笑顔を振りまいていました。女は愛嬌!
そこで、旅も中盤にさしかかった時に、夫婦会議。
基本的に授乳以外は次女を主人に任せ、私は次男専任となることに。
すると、泣く回数がぐっと減りいつもの陽気なニコニコ次男が戻ってきました。
旅では小さい子連れの欧米人の家族を見かけたのですが、次男くらいの子はお父さんにおんぶ
されているのがほとんどで、たまに長女(3〜4歳)くらいの子でもおんぶされていることがあり
驚きました。(欧米の人はおんぶはお父さんがしていることが多い気がします)
それを見ると、うちの子たちよくがんばってるなあと、こどもたちへ申し訳ない気持ちと
感謝の気持ちが同時にわいてくるのでした。

旅の詳しい様子はまた次回にupしますね。

 CIMG1664.JPG

posted by haru at 13:22| 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする