妊娠中はどんなことに気をつければいい?

           産む場所はどこがいいの?

           赤ちゃんが泣きやまないけどどうしたらいい?

           母乳で育てるコツは?

           離乳食はいつから始めればいい?

           断乳はいつどんなふうに始めればいい?



           などなど妊娠・出産・子育てに不安や悩みはつきもの。

           不安や悩みをもっと気軽に相談できる場所があれば・・・

           そんな想いに応えたくてマタニティー相談を始めました。

           母乳育児をスムーズにしていくためのケアもしています。
           




          【営業時間】 月〜金(9:30〜14:00) 土(16:00〜18:00)
          【場所】 福岡県糸島市瑞梅寺(伊都菜彩より車で10分ほど)
               詳しい場所は予約時にお伝えいたします。
  
          【料金】 予約制 092-323-8671(9:30〜18:00受付)
          
          
           妊婦相談 1500円      育児相談 1500円
           母乳相談 1500円      母乳ケア 3500円
           断乳相談 1500円      断乳ケア 3000円(1回)
           ※断乳ケア希望の方は断乳開始前にスケジュールを
            相談して決めたいので事前の予約をお願いします
           
           沐浴指導 1000円(出張のみ)
           沐浴実施 1500円(出張のみ)

          
         〜相談、ケアの時間は30分程度が目安です〜

           ※初診料1000円
           ※出張料 上記プラス1000円に加え交通費(実費)頂きます
            出張エリアの目安は波多江から30分程度です
           ※体調不良などの理由で沐浴が出来ない方は格安料金で
            サポート致します
           ※詳しくはご相談ください


2016年11月26日

自家製の・・・

秋と言えば・・・ 食欲の秋・芸術の秋・読書の秋。もうひとつついでに収穫の秋!

以前、食事のおいしい宿に泊まった時、宿の奥様がお料理をサーブするたびに
「自家製の〜でございます」と説明しているのを聞いて(いいなあ、うちもそう言える
ようになれるといいな)と思ったものですが、糸島に来てからは少しずつ我が家も
「自家製の〜だよ」と言える頻度が増えてきました。やった!

自家製の・・・きゅうり・とまと・ピーマン・なす・かぼちゃ・枝豆・さつまいも・里芋・サニーレタス
玉ねぎ・にんにく・スナップエンドウ・とうもろこし・唐辛子・ごぼう・落花生・生姜・ごま・ささげなど
 
落花生をオーブンでグリルしたものやささげで作ったぜんざいは子どもたちに大好評でうれしかった〜

そしてついに、“自家製のお米”を食べることが出来ました!
プロの農家さんのつくったお米に比べるとモミ殻が残っていたり、白米に黒米が混ざっていたりしたけれど
初めてにしてはうまくできて大満足でした。家族みんな「おいしい!」と言ってくれて、長女は「おいしいよ、がんばったね〜」とねぎらってくれました。

今年の初めにお米作りをしたいと公言してすぐに、田んぼを貸して下さる方が現れ、学ばせて頂ける
場所が見つかり、相談に乗ってくれる方がどんどん増え、あれよあれよという間にいろんなことが
進んでいきました。
「動けば変わる」「案ずるより産むがやすし」で、必要な時に必要な人との出会いがあり、
ご縁のありがたさをしみじみと感じています。

KIMG0099.jpg
posted by haru at 01:36| 自然農 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする