妊娠中はどんなことに気をつければいい?

           産む場所はどこがいいの?

           赤ちゃんが泣きやまないけどどうしたらいい?

           母乳で育てるコツは?

           離乳食はいつから始めればいい?

           断乳はいつどんなふうに始めればいい?



           などなど妊娠・出産・子育てに不安や悩みはつきもの。

           不安や悩みをもっと気軽に相談できる場所があれば・・・

           そんな想いに応えたくてマタニティー相談を始めました。

           母乳育児をスムーズにしていくためのケアもしています。
           




          【営業時間】 月〜金(9:30〜14:00) 土(16:00〜18:00)
          【場所】 福岡県糸島市瑞梅寺(伊都菜彩より車で10分ほど)
               詳しい場所は予約時にお伝えいたします。
  
          【料金】 予約制 092-323-8671(9:30〜18:00受付)
          
          
           妊婦相談 1500円      育児相談 1500円
           母乳相談 1500円      母乳ケア 3500円
           断乳相談 1500円      断乳ケア 3000円(1回)
           ※断乳ケア希望の方は断乳開始前にスケジュールを
            相談して決めたいので事前の予約をお願いします
           
           沐浴指導 1000円(出張のみ)
           沐浴実施 1500円(出張のみ)

          
         〜相談、ケアの時間は30分程度が目安です〜

           ※初診料1000円
           ※出張料 上記プラス1000円に加え交通費(実費)頂きます
            出張エリアの目安は波多江から30分程度です
           ※体調不良などの理由で沐浴が出来ない方は格安料金で
            サポート致します
           ※詳しくはご相談ください


2015年11月12日

読書の秋

今日は仕事の予約がなかったので、家族で図書館に行きました。
いつも私が仕事の時は、主人が子ども達を連れて図書館や公園に遊びに連れて行ってくれます。
主人は自分も本大好きなのに、本好きな我が子たちの「これ読んで〜」の猛攻撃を受け、自分の読みたい本さえもろくに選べない悲惨な状況なので、いつものお礼の気持ちを込めて、今日は私が子ども達の要求を引き受けるつもりでいると…… 容赦なく(いや、本人たちは容赦しているつもり?かも)全員が次々に読んでほしい本を持ってくる、くる!
そして、5人で借りた本の合計「28冊なり〜」これでも図書用の袋に入らないので10冊ほど断念しているのです。
やっと図書館を後にして家に帰ると、「本読んで〜」の嵐。
一人一冊づつ読んだあとに自分が借りた本を読んでいると(お母さん、もしかして暇?)と思われたようで、長女を先頭に本を抱いてゾンビのようにじわじわ近づいくるので、「さっ、ごはん作ろ!」と慌ててキッチンに向かわなくてはいけないことに。本好きなのはうれしいけど、お母さんも好きなのよー!!

自分の読書もろくにできない今の生活ですが、絵本の世界に子どもがふれることは子ども達の感性を磨くことに大きな役割を担っていると思うので、「読んで〜」と本を持ってきてくれる間は、できるだけ手を休めて読んであげようと思います。
ちなみに小3の長男は生後3か月くらいから、毎日読み聞かせをしていましたが、小学校入学と同時に自分で読むようになり、「読んで〜」と言わなくなりました。読ませてもらえる期間って意外に短いものですね。

CIMG8476.JPG
posted by haru at 23:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする